かつてのメインロッドにテコ入れ

今から16年?位前に購入した、がまかつの初代チータ110MHの

ガイドやグリップ周りの全面交換をチマチマと最近進めています。


この竿は知る人ぞ知る当時の名竿な部類でして、今でも第一線で使えます。

時偶使ってあげているのですがガイドがYガイドですので

実釣に差し支えはありませんがルアー交換等で

ラインが緩んだ時などブランクに絡むことが多発します(゜д゜)...

画像はMNSG....つまりオーシャンガイドがチョークガイドに付いてます。

オールKガイドにしなくても実際問題ティップセクションさえKガイドなら問題ないので

ティップ部分だけ変えようかな?なんて当初思ってましたが.....

せっかくなので一新しようと全交換へ。


竿が曲がってガイドの足で竿が抉れて折れないようにダブルラッピング。

下巻きを巻き巻き....

ちゃちゃっとこんなもんで(雑)

時間かかるので全部終わるのは時間的に一週間以上掛かりそうです。